一人暮らし大学生の雑記ブログ

旅行、読書が好きなMARCHの大学生。大学など日常、趣味について見聞したことを綴ります。

傘用袋がなくても服も床も濡れない?!逆さ傘のメリットデメリット

こんにちは!先日台風でもない日に傘が大破した旅人です!

 

ネットで傘を探していると『逆さ傘』なるものを発見、購入しました!

今回使ってみた感想をメリット、デメリットに分けてまとめてみました!

新しい傘の購入を検討されている方は是非見てみてください!

 

 

逆さ傘って?

まだ聞きなれない人も多いですよね!

閉じている状態の時の外側が開くと内側になる傘なのです(伝われ)

 

つまり雨に当たった部分は閉じると内側になり、室内で歩いていても服は濡れないし、まとめれば床にも雫が垂れないよーっていう商品なのです。

 

商品についてご理解いただけたでしょうか??では早速メリットへ!

 

メリット

・服が濡れない

圧倒的に良いのがやっぱり濡れないことですね!

傘の袋がある場所なら良いですが、電車の中などどこにもあるわけではないですよね。

自分も周りの人も濡れないって嬉しい!

 

・直径が大きい

私はいつもリュックで学校に行くので、広い傘だとかなり安心!

し、シチュエーションによっては相合傘も?!

 

・車の乗り降りがスムーズに

雨の日の車の乗り降りって結局濡れてしまったりすることもしばしば。

逆さ傘だと普通の傘より濡れるのを防いでくれるらしいです!

これは私は体験していないのでなんとも言えませんが…

 

・目立つ

良い意味で目立ちます!

「あ、それ濡れないやつでしょ!」

とか

「面白い形だね!どうやって開くの?!」

と言われることもしばしば。

珍しいもの好きさん、会話のきっかけが欲しい方は必見です!笑

 

デメリット

・重い

普通の傘よりかなり重い。特に女性用の細い傘と比較すると重いです…

持って長い距離を歩くのには不向きだと思います。

 

・太いために傘立てに入らない、傘袋に入らない場合も

結局閉じていれば床は濡れないのですが、就活、仕事の場合にそのまま持って入るのは結構勇気がいりますよね…

 

まとめ

メリットとデメリットを少しずつあげてみました。

私は買ってよかったです!

最近は雨でもこの傘(私の好きな宇宙柄)を使えるので気分がウハウハです☀️

デメリットも考慮した上で買うのが良いかな、と個人的には思います!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!