一人暮らし大学生の雑記ブログ

旅行、読書が好きなMARCHの大学生。大学など日常、趣味について見聞したことを綴ります。

北京に行くならここ!定番歴史スポットへのアクセスをまとめてみた!

皆さんは北京に行ったことはありますか??

「中国語全然話せないけど中国に行ってみたい!」「歴史的に有名なものはたくさんあるけど、空気って実際どうなの…?」

 

大学生の中には第2外国語が中国語の方も多く、行ってみたいけどなかなか踏み出せていない方もいるのではないでしょうか!

 

今回は夏休みに北京に一人旅をしてきたので、それをまとめる形で紹介していきます!

 

目次

 

行く前に

中国で携帯を使いたい方でSIMフリースマホをお持ちの方はSIMカードを用意しておきましょう!

WeChat は中国でも使えますが、日本では入れてる方は少ないです。LINE、facebookInstagramを使用したい方は日本にいる時にAmazonさんで香港SIM(香港と中国で両方使えるやつ)を買っておくと便利。

他の方法もありますが、短期滞在の旅行者はそれが一番楽で安いと思われます。

かなりパッケージ可愛くて届いた瞬間テンション上がりました!笑

 

次に地下鉄の路線図をダウンロードし、インターネット環境がなくても見れるようにしておきましょう!

北京の有名どころは基本的に地下鉄で行けちゃいます!いつでも見れるようにしておくと、切符を買う時にも何号線か迷わなくてすみます。

 

地下鉄は必ずセキュリティチェックがあるのでビビらずに荷物と身体をチェックしてもらってください!

 

そして宿泊施設に荷物を預けてから回りましょう!中国語があまり堪能でないなら少し高くても英語対応のところが良いでしょう。

中国ではこちらが話せなくても中国語で話してくることが多いので!笑

 

では有名スポットに行ってみましょう〜

※全て日本の漢字で表記しました

 

故宮博物院

天安門東または天安門西駅で降りてまずは天安門へ。

あの有名な天安門!生で見ると圧倒されました。

みんな記念撮影をしていました!

 

天安門の奥へ進んで行くと故宮博物院に行けます。

中国人はみんなスマホ支払いのためQRコードをスキャンしていますが、私たちはその奥に進むとある窓口で購入可能です。

中国人に間違えられることもしばしばですが、パスポートを持って行けば窓口に通してくれます!

 

中はかなり長く続いています!でも途中で休憩できるスペースもあるのでご安心を。

 

本当にラストエンペラーって感じでした(語彙力)

f:id:tricksj:20180925233251j:plain

 

万里の長城

これは世界史好きは絶対行かなきゃいけないですね!

当たり前ですが長すぎるので様々なルートがあります。

私は北京比較的近い八達嶺長城に行きました。

地下鉄霍榮駅で降り、歩いてS2線黄土店駅へ行き、切符を買います。この値段がブログによってまちまちなので着いて八達嶺までの値段を確認してください!笑

S2線は中国の新幹線みたいな列車です!

時刻表もあまりわからなかったので、なるべく早めに行くことをお勧めします。

駅の待合室には売店もあり、皆さん何か買って食べながら列車を待っていました。乗ってからもかなり時間があるのでみんなカップラーメンを食べていました…

降りてからは人についていけば長城の入り口まで行けます!笑

 

ロープウェイもありますが、私はせっかくなので歩きました!

運動不足にはきつかったけど楽しかったです!

見渡す限りずーっと長城があるのってやっぱりすごい。

私だったら攻めようと思わないわ…と思ってしまいました

f:id:tricksj:20180925233345j:plain

 

円明園

世界史選択者の皆さん、覚えていますか…?

あの円明園ですよ!

入り口でチケットを買うのですが、このチケットに種類があります。

世界史の資料集に載っている有名なところへ行く方は、全てにいけるチケットを買ってください(とりあえず1番高いやつ)

思っていたより破壊されていましたし、かなり衝撃的でした!

f:id:tricksj:20180925233450j:plain

 

注意点

長城は特にですが、スニーカーで行かれることをお勧めします

めっちゃ歩くので!

そして距離が長く、季節によっては暑くなるので飲み物はマストですね!途中の売店で買うことも可能です。

 

そして英語が通じないことが多いので、中国語が堪能でない方は事前に入り方、チケットをチェックしてから旅行すると安心です!

 

皆さんが気になる空気ですが、私が行った時は全く違和感がありませんでした。あらかじめ空気の情報を確認してからマスクなどで対策をすると良いのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたか?

中国語が話せないと意思疎通は難しいですが、漢字でなんとなく意味はわかるし、有名観光地なら英語も少し通じます。

どの国もそうですが、結局なんとかなります!笑

心配なら2人以上で行くか、中国人の友達を作って案内してもらいましょう!

空気もずっと悪いわけではないので1週間程度の旅行なら問題ないと思います。

 

あまり北京の旅行記がないのですが、私はめっちゃお勧めです!

世界史好きな人は是非行ってみてください!

 

今回は超有名歴史スポットをまとめましたが、次回は若者向けスポット(カフェ)など現代的な文化がわかるようなスポットを紹介していきます!

 

 

 おまけ⬇︎

計画を立てるなら

旅行雑誌を買うならやっぱりポケットサイズがおすすめ。

機内用の小さいカバンにも入るし、移動用カバンの中身はなるべく少なくしたいですからね!

中国は広いので行く地域が決まってる方は地域毎のものを、時間に余裕がある方、行く地域を絞れない方は中国全体のものを買うと良いと思います!

北京 (タビトモ)

北京 (タビトモ)

 

 

D01 地球の歩き方 中国 2017~2018

D01 地球の歩き方 中国 2017~2018

 

 

 持ち物についてはこちら

tricksj.hatenadiary.com